学校朝礼。1号と2号。

2号が学校から帰ってきた。

えらい寒いけど、雨降ってなかった?
「うん。大丈夫。…あのね」
と、2号が大きな賞状を見せてくれる。
おぉー。夏休みに書いた読書感想文。賞状もらえたんだ。すごいじゃん。

「1年生はね。ぼくと、XXくんと…」
と数えあげて、朝礼で名前を呼ばれて6年生の子が代表で賞状をもらった話をする。

間もなく1号が帰って来て、帰ってくるなり
「2号!今日すごかったじゃん!」
と2号に称賛をおくる。おぉ。美しき兄弟愛だなぁ。

「お兄ちゃんこそすごかったよねー」
あれ、1号も何か今日あったの?
「うん!ぼくもね!朝礼でね」
と話し始めた1号。

「今日の朝礼で、静かに過ごそうって劇があってね。
 廊下で鬼ごっことか駆けっこやってる子ども達の役で、ぼくも出たんだ!」
えーと、それは啓蒙のための寸劇ですな。
で、念のために聞くけど。1号はどういう役をやったの?
「鬼ごっこで鬼の役をやってる役!
 ステージは狭いから、すぐに終わっちゃったけど、なんか面白かった!」
つーことは、日常的に校庭で一番走ってるやつだなあと思うと必ず1号だったというアレを、全校生徒の前で披露したってことであり。

2号は
「お兄ちゃんすごかった!」
と純粋に称賛をおくっているが。
で、廊下で鬼ごっことか駆けっことか、ふざけあってると危ないというテーマの寸劇で鬼の役ってことは。
…悪い見本の役で威張ってどうするのよ。1号。

? posted by Yumikoit at 10:45 pm

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2009.11 >>
SMTWTFS
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 2021
2223 24 25 26 27 28
2930      
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:7913 Y:11607 Total:19254851 Online:04