痺れてたら。

夜ごはんを食べた後、1号が立ち上がって食器を台所に片付けようとして。
よろ…。

1号、ねぇねぇ。もしかして足痺れてるでしょうっ。
「うん。実は、そう」
ツン、していい?していい?
「ええ〜???」
と言いつつ、その実嬉しそうに迷ってみせてから構われたがりの1号、
「ツンしてぇ♪」
と痺れたはずの足を出してきた。

つんつん。
しかしこれで痺れた足を触ってほしいとはなかなか面白いやつだ。

まだ食べていた2号。
「ぼくも触ってほしいけど、残念ながら痺れてないんだよな」

あなた方。二人ともどっかヘン!

? posted by Yumikoit at 10:31 pm commentComment [2]

この記事に対するコメント[2件]

1. wiking — April 3, 2009 @23:04:05

どっかへん,というより親に似ただけじゃないかと:D

Owner Comment Yumikoit  April 10, 2009 @21:13:47

ちゃうもん。
こういうとき、いとう家の正しいマナーとしては
「いやーやめてー」
と逃げ回るのが正しいんだもん。

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2009.4 >>
SMTWTFS
   1 2 3 4
5 6 78 9 10 11
12 13 14 15 1617 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:1428 Y:5287 Total:18395848 Online:148