INTEL 8255
INTEL i8255
PPI (Programmable Peripheral Interface)

i8080、i8085ファミリー



 8255は8080から8086まで広く使用された、パラレルインターフェース用LSIです。
8255は汎用の8bitポートを2つ(PortA、PortB)と、汎用/制御用8bitポート(PortC)を持ちます。
 8255の特徴として、 があげられます。

 8255はI/OポートをPortAとPortCの一部からなるGroupAと残りのGroupBに分けて設定します。
8255の動作設定はこれらのグループの動作モードと入出力方向をプログラムで設定します。

 8255の動作モードはMode0、Mode1、Mode2があり、それぞれ次のような動作を行ないます。
Mode1とMode2では、ハンドシェ-ク制御にPortCを使用します。
 以上のように、8255には多彩な動作モードがあるのですが、もっぱらMode0が多用され、
Mode1とMode2での使用例は皆無だったように思います。
私もMode0以外で8255を使用したことがありません。

 8255は入出力信号の多さで、同時期に発表されたMC6820/6821やZ80 PIOより有利でした。
そのせいか、68系やZ80系のシステムでも 8255を使用する設計例が多くありました。
 8255はその後、動作速度を早くしたバージョンや、CMOSバージョンなど、数多くのバリエーションを産みました。
8255は数多くのセカンドソースと利用例で最も多く使用された、インターフェース用LSIであると言えるでしょう。


NEC製8255A、5MHz版 右はNEC製の8255Aで、動作周波数5MHz版です。
その下は8MHz版の8255。
NEC製8255A、8MHz版

東芝製8255 左は東芝製の8255で、AMD社様式の型番がついています。
その下は、沖電気のCMOS版8255です。
沖電気製C-MOS版8255A


初期の8255。こいつもノンAバージョン  右は最近入手した8255。
1975年頃の製造品。

 この 8255は初期の物でノンAバージョン品です。
Intel社のワンボードコンピュータ SBC80/10に2個実装されていました。


三菱製の8255A  左は最近入手した三菱電機製の8255A。
稲田様からのいただきもので、
ドットプリンタの制御基板に使用されていました。


うちで一番古い?8255  確認できるうちの最古参の8255。1976年第10週品です。



日電のセラミック版 8255A  珍しい日電製セラミック版 8255A。
20年以上前、旧亜土電子で見て以来やっとこ入手できました。



NS社製 8255  右はNS社製 8255。
これは珍しい ノンAバージョン品。
NS社のCPUボード BLC-80/11に搭載されていました。


AMD社製 8255A  AMD社製 8255A。
この頃には AMD独自型番の9555Aはつけていないようです。


東芝製 8255A  東芝製 8255A。
東芝もこの頃(1984年)にはINTEL様式の
型番を使用したようです。


三菱電機 8255 旧型番  三菱電機製 8255。
三菱電機は80系のCPUと周辺LSIに当初独自の
型番を 付けていました。
このM58740Sもその中の一つで、上にもありますが
後日M5L8255Aとして型番が変更されました。



秘宝館 周辺デバイスへ戻る。